広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

夜になると痛む肩

肩の夜間痛肩の痛みのパターンで、日中動かしている時はましなのだが夜ズキズキうずくように痛みが出るというのがあります。
夜出る痛みを「夜間痛」と言い、夜間痛の生じる代表的な疾患に肩関節周囲炎、いわゆる五十肩があげられています。
この人も同じような症状です。
普段から肩が凝りやすい人なので一般レベルのコリはありますが、肩を動かせない程の痛みは今まで出ていませんでした。
年配の方なのでそれなりに肩関節の可動域は狭くなっていますが、正常範囲内です。
今回の症状は一ヶ月前から続いており、特に夜寝る時にズキズキうずいて、ここしばらく睡眠不足になっているそうです。
寝不足になると回復が遅れるだけでなく、体全体の調子も悪くなるので、早く何とかしなければいけません。
まず肩を見ると、
肩の関節部分が前に出ていくような力が働いています。これを中へ戻るように誘導したのですが、直している間にも肩に疼きが出ます。
そこで別の原因を考え、首を見る事にしました。
首の付け根から背中にかけての背骨に、痛む肩の方へ向けて飛び出すような力が働いています。
結局、これを直すことで肩の夜間痛はなくなり、十分に睡眠もとれるようになりました。

痛む場所が原因とは限らず、少し離れた部分からの連動で悪影響が起こる例でした。
(2018年7月加筆修正)