広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

いくらストレッチしても伸びない内股

筋が固い体の固い人は多いですね。
運動不足が原因でしょうか?
中にはしっかり運動しているしストレッチもやっているのに、一向に柔らかくならない人がいます。

40代男性で、運動もストレッチもしっかりやっている人の話。
4年ほど前から急に左内股の筋が突っ張って伸びなくなりました。
けがなどはしていませんが、そのころ腰痛がありました。
今は腰痛は治ったのですが、足を広げてストレッチをすると左内股が突っ張って伸びなくなりました。
普段の生活には全く支障はありません。
気になるのは、ストレッチをした時だけです。
痛いのを我慢しながら少しずつストレッチをしてきましたが、一向に柔らかくならないそうです。
頑張ってストレッチをした後は、膝にも違和感が出てしまうようです。

どんな痛みか聞くと、筋がピーンと張って切れそうな痛みです。
右脚は伸ばすとストレッチ痛はあるのですが、気持ちいい感じの痛みです。
左脚は千切れそうな痛みです。
脚を広げたときに他の場所に痛みや違和感はないのか聞くと、左の股関節にちょっとした痛みがあるようです。
場所は小殿筋や筋膜張筋が収まっている部分です。
そこで股関節の遊びを大腿骨を使って検査すると、小殿筋や筋膜張筋方向への遊びが低下しています。
この部分が影響していると考え遊びを回復させると、即座に内股の緊張は低下し、伸ばすことができるようになりました。
筋が千切れるような痛みは無くなり、普通のストレッチ痛になりました。
内股の筋が悪いため伸びなかったのではなく、股関節側面の遊びの低下によって股関節が開くのを嫌がって内股の緊張が高くなっていただけのようでした。
このような場合、痛む筋をいくら伸ばしても悪影響が出るばかりで改善効果はありません。
(2018年8月加筆修正)