広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

小学生の反らすと痛い首

子供小学生くらいの子供の場合、たとえ体のどこかに大人と同じような歪みが発生したとしても、その回復力と成長力の速さであっという間に自分で直ってしまいます。
しかしそれでも衝撃が大きすぎれば、例えば自転車や車の事故、激しい転落や転倒などでその影響が体に残り、回復できないままになることがあります。


一年以上首の痛みが治らない小学生の子供です。
学校の鉄棒で練習をしていた時に、首に痛みが出ました。
首の骨は7つあります。
頚椎1番~7番と呼びます。背骨
これらが連携してあらゆる方向に首を動かすことが出来ます。
しかし、首の動きに必要なのは首の骨だけではありません。
頸椎より下の胸椎と言う背骨の動きも重要な要素になります。
首の動きに異常があるのに頸椎に異常がなければ、その下の胸椎の異常を疑った方がいいでしょう。
彼女も首が大きく振られることで胸椎に異常が残ったようです。
首は反らすと痛みが出ますが、他の動きでは痛くないようです。
首の動きは全方向とも柔らかく、良く曲がっているように思えます。
反らして痛むのも、かなり反らした所での痛みです。
頸椎の異常があればもっと手前の角度で痛みが出るでしょうから、彼女の場合はさらに下の胸椎に異常があると考えました。
細かく調べて行くと、背中に向けて緊張した悪い胸椎を見つかり、それを直すと痛みはなくなりました。

成長過程でのこのような異常は健康的な発育への影響も考えると、出来るだけ早めに対処し直しておくべきだと思います。
子供の場合は直る能力が高いので1~2回ですぐなおります。
彼女も一回で解決しました。
(2018年7月加筆修正)