広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

集心法を応用した検査

関節の連動関節の歪み(異常)を検査する方法として、見た目から判断する方法と、可動性を基準に判断する方法があります。
見た目で判断する場合、見る人によっての思い込みの差によって検査結果に大きな差が現れます。
見る側の個人差がかなり影響するため、信頼性は低くなります。
関節の可動性検査による判断ではどうでしょう。
可動域検査がもし正確にできるのなら、それは信頼できる検査となるのですが、普通に動かしたのでは関節の可動性を正確に評価することは困難です。そもそも可動域は個人差が大きく、部位によってもかなり差があるため、どの程度動けば正常なのかの判断が困難です。
また背骨のように沢山の関節が連なっている所では別の関節が動きを代償してしまうので、さらに評価が難しくなります。
余談ですが、昔著名なカイロプラクターを集めてリスティング(骨がどっちへズレているがの検査)の実験をしたそうです。
すると結果は、ズレが右と答えた人50%、左と答えた人50%と言う風に五分五分に分かれてしまったそうです。これでは信頼性が無いですね。

ここでは、当院の技術である集心法を利用した検査を簡単に紹介します。
異常のある関節は重心の移動が固定されているため、骨同士が部分的に強固に連結しています。
集心法を利用すると、この強固な連結部分に働いている力の向きに術者の動きを正確に合わせることが出来るため、その抵抗を「微動だにしない壁」のように感じます。
そしてその反対方向へは逆に全く抵抗なく「スカスカと力が抜けていく」ような脆さを感じます。
ちなみに正常な部分では、ネバっとした抵抗はあるものの何処にもぶつかることなく集心法での動きが透過していきます。
異常個所を見つける際には、壁にぶつかる抵抗とその反対方向へのスカスカ感の両方で判断します。
どちらも極端な感覚(ぶつかって止まるか突き抜けてしまうか)で、動く幅が狭い広いと言ったあいまいな評価基準ではないので、判断がしやすくなり確実性が増します。
如何に正確な検査を行うかは、症状の正確な把握や治療時間の短縮、施術結果を評価するのにも非常に重要なため、その技術を創意工夫し信頼性を向上するよう研究を続けています。

(2018年8月加筆修正)