トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 よもやま話 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

消えない肩甲骨の痛み

肩の後ろや背中や脇の後ろなど、肩甲骨周辺の痛みは体を動かした時に痛むだけではなく、肩甲骨何もしていなくても嫌な痛みを出すことが多くあります。

この方も、3ヶ月前から左の肩甲骨の痛みが治りません。 きっかけは普段やらない力仕事でした。最初は筋肉痛かと思っていたそうですが、一向に治る気配がなく来院されました。

 痛みは首の左側から肩甲骨の内側や肩の方にも広がっています。範囲は丁度僧帽筋のエリアです。

首を支える筋肉には、背中や肩とのつながりがある物が多く、それらを含めて広範囲に確認しなけらば、どこが悪いのかわかりません。ひとつづつ調べて行った結果、肩関節、胸椎、頸椎の関節に左後ろへ向かう緊張部分があり、それらが複合して今の痛みを作っているようでした。きっかけとなったのは、久しぶりの力仕事なのでしょう。
それが、肩関節や胸椎や頸椎の一部の関節に無理な力を働かせ、制御を狂わし、それらが複合して消えない肩甲骨の痛みを作っていたようです。

肩関節や肩甲骨、首の動きを使って、左後ろへ向かう緊張をゆるめると、痛みは無事無くなりました。 痛みが慢性化する場合としない場合の違いは、まだハッキリとはわかりません。しかし、複数の関節の狂いが複合した時は、慢性化の可能性が高くなる気がします。

(2018年7月加筆修正)