広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

若い人でも五十肩

五十肩五十肩と言うと、年配の人に起きる症状と思われていますが、今は若い方にも起こっているので、四十肩やともすれば三十肩と言われたりします。

30代の女性ですが、五ヶ月前に理由もなく肩が痛くなりました。
最初は違和感程度だったのが、痛みは日増しに強くなり、治そうと肩の運動をしているうちに慢性化しました。
肩の前側と後側が強く痛み、動作テストでは前側により強い痛みが出ており、触診すると肩の前側に前方へ飛び出す力が働いています。
肩の動きは肩関節だけではなく、肩甲骨との連動も考えなければいけません。
そこで肩甲骨も調べると、腋の下部分に緊張が出ていました。
肩関節と肩甲骨に保持されている外向きの緊張を内部へ向けて修正すると、腕を動かした時の一番痛い場所が変わりました。
一番目の痛みが小さくなると二番目の痛みがおもてに現れます。
その後数回に分けて、胸椎や肋骨も利用して施術を行うと、肩の痛みはなくなりました。

これといった切っ掛けがなくても、気づかない間に無理な肩の使い方やクセが積み重なって、いつの間にか肩を壊してしまっている事があります。
通常、若く回復力が高い時には症状には出ませんが、歳を取り回復力が落ちると損傷と修復のバランスが損傷側へ傾き始め、ついには症状に現れてきます。
痛みが長く続けば、動かせない間に関節の癒着やカルシウム沈着、筋委縮などが起こるため、完全な状態には戻せなくなることもあります。

回復力が落ちる原因は加齢だけではありません。
五十肩の発症年齢が下がってきているのは、現代特有の生活習慣の中に原因が潜んでいるのかもしれません。
パソコン、スマートフォン、携帯ゲーム機など昔は無かったものが誰でも持っている時代です。
どれも体全体を使わなくても小手先だけで出来てしまうものばかりで、指や腕の使い方が上手くならないのでしょう。
出来るだけ若いうちに正しい体の使い方覚えて、後々に故障が出ないようにしたいものですね。
(2018年7月加筆修正)