広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

アキレス腱の痛みと足首の歪み

アキレス腱の痛み右足のアキレス腱に痛みが出ている70代の人です。
数ヶ月前から右足首に原因不明の腫れがあります。
最初は腫れぼったい感じだけで痛みは無かったそうですが、1ヶ月前からアキレス腱に少し痛みが出はじめました。
今は歩いたり腱を伸ばしたりすると、強い痛みが出るようになってしまいました。
病歴は40代の頃に踵の骨に骨棘(骨のトゲ)が出来て、痛みが出たため注射で骨を溶かして治療したそうです。
今でも踵のアキレスが肥大して、足首の動きはかなり悪くなっています。

足首の関節(距腿関節)を調べると、アキレス腱側(後方)へかなり寄っています。
アキレス腱には顕著な圧痛がありますが、ふくらはぎは緊張しているものの強い圧痛はありません。
アキレス腱はふくらはぎの過剰緊張で張っているだけのようです。
後方へ出た足首の関節を戻すように施術を行ったのですが、素直に戻ってくれません。
接着剤で固めているのかと思うような硬さがあります。
30年の症状ですから癒着が起きていてあたりまえでしょう。
足首だけに1時間かかりましたが、やっと少し足首の動きが戻ってきました。
立ってもらい痛みを聞くと、痛む場所が最初より少し上の方、つまりふくらはぎの筋肉の方へ移動しました。
その後の経過は、日に日に痛みは小さくなり、数日後には歩いても伸ばしても何ともなくなったそうです。
推測ですが、若い時に間違った足首の動きを繰り返した結果、足首が後方へ歪んだ状態になり、そのせいでアキレス腱に過剰な緊張が起こったのだと思います。
そのためアキレス腱付着部が肥大し骨棘が形成され痛みを起こしたと考えられます。
骨棘自体は注射とリハビリでなくなったようですが歪みはそのままとなり、楽に動かせない足首は次第に使わないように固められ、癒着が進行してきたと考えられます。
(2016年7月更新)