広島市安佐南区長束3-11-34 TEL080-1648-6624
整体の安穏亭
トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 整体コラム 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習・教室
整体コラム

体験!体を軽く操る

 今回は体を「軽く」操る感覚を簡単に体験できる方法を紹介します。


軽くと言っても体重が減るわけではありません。 自分自身の体の中心を変えることでより効率的に動くことができ、同じ体重でも軽くなったように感じると言う事です。 前へ向かって歩く場合と階段や坂を登る場合に試してもらうと、軽さを実感できやすいと思います。試すにはどなたか助手が1名必要です。


助手に、あなたの腰のあたりへ指を軽く当ててもらいます。 助手の人は指で押したり支えようとはせずに、軽く当てておくだけにしてください(ポイントです)。


その状態であなたはいつもどおり歩いたり、階段を登ったりしてみてください。助手は指先が触れたままになるように付いて行って下さい。

 どうですか?いつもより体が軽くないですか?

 わかりにくい方は途中で指を離してもらってください。すると突然重くなったように感じると思います。この重い状態がいつものあなたの動き方・歩き方です。


体を軽く操る


図Aを見てください。歩いたり階段や坂道を登る場合、進む方向は前ですが、多くの方が自分の中心を後ろへ引いて歩いているようです。前に楽に進むには、自分の中心を素直に前へ運んでいくのが一番楽です。


図Aではまるで何かを引きずるように歩いているようには見えませんか?自分で動きを変えるのは難しくても、助手に指を当ててもらうと反射的に図Bのように中心がやや前方へ移動し、楽に歩けて体が軽く感じます。特に階段の登りはわかりやすいと思います。


差を感じない人は、普段から中心がが良い位置にコントロールされているのか、逆にどこかに痛みや不具合があって中心を移動できないのかもしれません。人によっては、腰よりも背中に当ててもらったほうがより軽く感じる場合もあります。何度も練習して指を当てても離しても感覚に差がなくなったら、上手に中心を操れるようになった証拠です。
(2016年7月更新)