トップ ご利用案内 予約状況表 メール
施術法 質問回答集 よもやま話 本棚
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

施術法について

施術の目的は、症状を作っている体の中の緊張を取り除くことです。
一般的に緊張に対して、もみほぐしやストレッチなどの直接的な力を加える方法がとられますが、緊張を無効にする施術法を使うと、体に抵抗される事無く、また体にダメージを与える事無く緊張をゆるめることが出来ます。

施術法(集心法)

例えば肩こりであれば僧帽筋に、腰痛であれば起立筋や殿筋にと言うように、様々な場所に意識しても抜くことのできない緊張が出来ています。
緊張した場所にはまるで(いかり)が下りたような状態が作られています。そこには可動性の低下と力や重さの負荷が集中し、歪み・こり・腫れ・痛み・違和感などを生みやすくなります。
体全体のバランスをから見ると、自然に起きるはずの重心移動に片寄りがうまれるため、他の部位にも新たな症状を作り出します。そして症状は複雑になり、コリ・痛み・シビレだけではなく原因不明の不定愁訴(自律神経失調、不眠、不安症など)にまでも及ぶことがあります。

施術イメージ

おもな緊張は筋肉の緊張ですが、その他にも筋膜・じん帯・それらの癒着による緊張もあります。
施術では症状の原因になっている緊張を検査で見つけ、その力が作用しているポイントに正確な回転運動を伝えます。技術的な内容なので分かりにくいとは思いますが、この動きを伝えることで緊張は維持できなくなり緩み始めます。(この技術を集心法-しゅうしんほう-と言っています

集心法は、一般的なもみほぐしやストレッチなどとは動きの原理が違い、非常に精密な動きが要求されます。施術中は関節を支えられるような、わずかに捩じられるような、少し圧力がかけられるような、そんな些細な感覚しか受けないと思いますが、それは的確なポイントに正確な動きを伝えるためのアプローチがゆえです。
そのため意識して力を入れている人や、幼児のようなじっとしていられない人には施術が難しくはなりますが、無理矢理な力をかけないため、幅広い年齢層と様々な症状の方に安心して受けていただけると思います。

※参考記事:整体よもやま話の筋肉の緊張がゆるむ謎正しい関節の動きと連動中心軸のズレを直す軌道(集心法)など

施術スケジュール

施術後は少なくても3~4日の回復期間を設けています。その理由は、施術箇所の組織安定化・緊張命令の正常化・老廃物洗い流しを促すためです。
実際の施術ペースは症状に合わせアドバイスしますが、一週間後に次の施術を行うペースが平均的です。
注意事項として、施術後24時間はストレッチ・激しい運動・長時間の同じ姿勢などは控え、施術箇所に無理をかけないようにしてください。無理をすると場合によっては回復を妨げたり筋肉痛が出る事もありますので、守るようにしてください。回復期間のイメージ

施術の適応と不適応

腰・肩・頭・ひざなど各部の痛みや、ケガなどの後遺症やスポーツ障害神経系の機能異常自律神経症)などが適応です。
ただし、急性の激しい損傷(炎症)、または感染症・悪性腫瘍・免疫不全・骨折や、それに起因する症状には不適応となります。症状によってはお断りする場合もありますので、メール予約の際は必ず症状・経緯をご記入ください。