トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

転んで膝を打撲して脚がふらつく

膝に激しい痛みがあるわけではありません。ただ力が入らず、脚がふらつきます。そんな方の話です。
80代の方ですが、原因は転んで膝を打ったことからです。それから脚に力が入らなくなり、ふらつくようになったそうです。

つま先立ちをやってもらうと、上手くできずふらついていました。何か痛みは無いのか聞くと、たまに膝の皿の下にピリッと痛みが走る事があるそうです。
どんな体勢で転んだのか細かいことは覚えていなかったのですが、膝の皿の下を打ったのは間違いないようです。
打撲から4ヶ月たち打撲による傷はもう治っているのですが、太ももの筋肉は明らかに衰えが目立ちます。整形外科で筋肉を鍛えるよう言われ、ウォーキング・開脚器具を使ってのトレーニングを自宅でしているようですが、今のところあまり効果は出ていないようです。

最初膝に異常があるのかと思ったのですが、歩く姿を見ると明らかに痛めた側の腰をかばっています。しかし腰には痛みを感じないそうです。
集心法によるチェックを行いながらどこに異常が現れているか観ていくと、腰部・でん部・ももの前後ろ・足首に異常な緊張が見つかりました。
体の軸のズレ

それぞれの箇所に体の後方へ向かう不自然な筋緊張が出ていました。この緊張によって、図のように本来まっすぐ立った状態で体の中心周辺をくるくる動いているはずの重心ラインが、身体の後面の移動・固定気味になってしまっていました。
足首、モモ、臀部、腰の各々の緊張を一つずつ解除していくことで、次第に太ももの筋肉も太くなり、ふらつきもなくなってきました。重心ラインの固定が外れて自由になってきた結果です。
施術期間中、当初痛みを感じていなかった腰にたまに痛みが出ることがありました。最初から腰にも痛みを感じていても不思議でない状態だったのですが、たまに異常があっても他と上手くバランスをとって痛みが出ないように隠しきってしまう場合があります。各所を直していく過程で、腰をうまくかばっていたバランスが変わり、腰の痛みが表面化してしまったようです。この腰の痛みも、各所の緊張が緩んでいくとともに無くなりました。
モモの太さには左右差がなくなり、つま先立ちも出来るようになり、体のバランス感覚もしっかり安定するようになりました。

ケガをきっかけに不自然な緊張(歪み)がずっと残ることはよくあります。その原因の一つは、患部をかばうために起こる体のかばい動作です。ケガが短期間で治るのならかばう動作も長くは続きませんが、年齢が上がるとともにどうしても回復には時間が掛かるようになります。その間、結構な長期間かばい動作を続けていると体にその動きが染みついてしまい、本来の正しい動作が出来なくなってしまいます。
また、通常ケガが治るとともに体の動きも元に戻るのですが、その時には少し患部の痛みがともないます。でもこの痛みを気にしすぎたり、まだ治ってないのだと不安に思いすぎると、体の動きが不自然なままとなって残り、その動きがまた各部に異常緊張を作る原因になります。これはある意味、自分で緊張を育ててしまう現象です。
こうなると本人だけでは緊張の解除がちょっと難しくなるので、早い時期に適切な施術が必要です。

(2021年1月更新)