トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

1週間つづく頭痛

頭痛と言っても、決まった直し方があるわけではありません。 痛みの原因は人それぞれ違っているので、一つ一つ原因を探って直していきます。頭痛

今回の話は1週間以上頭痛が続いている方の話です。痛む場所は片側の後頭部あたりです。痛みの全体的な感じは重い痛みですが、たまにズキズキと脈打つように痛むこともあるそうです。数日前にマッサージに行ったそうですが治らなかったようです。

痛む場所は片側の後頭部から首筋を通って肩まで広がっていました。肩の筋肉(僧帽筋)が異常こわばっています。このこわばりがゆるめば頭痛の解消につながりそうだと判断し施術を進めました。
まず最初は肩甲骨と鎖骨側からアプローチして僧帽筋の緊張をゆるめて行きました。僧帽筋は広い範囲に付着している筋肉で、後頭部や背骨から肩甲骨や鎖骨へと広がるようにつながっているからです。でもそれだけでは十分な僧帽筋の弛緩が得られませんでした。

肩関節

そこで、次は頸椎側からアプローチすることにしました。
頸椎のチェックで見つかった頚椎1番と頚椎7番の緊張。これをゆるめてみる事に。
どちらの頸椎も頭痛が出ている側へ向かって飛び出すような力が掛かっています。この力の方向を正確にとらえ向きを合わせていくと、飛び出す力は次第に弱まりそれに伴ってこわばっていた僧帽筋が緩みはじめました。それと同時に頭痛は消失していきました。どうやら僧帽筋は二次被害を受けていただけで、本当の緊張は頸椎関節の際の筋肉にあったようです。

ゆがんだ関節の周辺には不自然な筋緊張が持続しています(緊張のロック)。そのため筋肉は過度に疲労し、それだけではなく循環不全も起こり老廃物の蓄積、発痛物質の放出が発生。そして痛みやしびれなどの症状をあらわします。今回の症状は頭痛でしたが、人によってはあるいは少し条件が違えば症状は耳鳴りや目まいそれ以外の症状であったかも知れません。同じ原因でも複数の症状のパターンが出るのが原因を特定するのが難しくなる理由ですね。

2018.7月加筆修正(2021/1更新)