整体よもやま話

思い通りにならない自律神経と身体

自律神経失調

自律神経。
それは「交感」と「副交感」神経で構成され、呼吸・内臓・血液・代謝・体温の維持などの生命維持に必要な機能を自動的(自律的)に調整しています。
それが乱れると自律神経失調症と言われます。
自律神経は意識でコントロール出来る神経ではないため、乱れると自分ではどうしていいかわからなくなります。
関連ページ 自律神経失調症と整体自律神経失調と頚椎1番

人の身体を全体的に見てみましょう。
意のままにコントロールできないのは、自律神経に限ったことではありません。
運動神経も、全てを意識してコントロールで来ているわけではありません。
体の機能の大半は自動的に動いており、自分でコントロールできる部分は、ほんの一部だけです。
人が乗って操縦する、アニメのロボットと同じです。

自律神経失調・自分と体は家来と王様

精密な体と、それを操縦している自分(パイロット)と考えてみてください。
主導権は自分にあるように思いますが、実際は体に対して大雑把な指示しか出していません。
大雑把な指示であっても、今までの経験の蓄積や、生まれた時から持っているプログラムによって、体はうまく動いてくれます。
しかし、指示ばかり出しているだけでは駄目です。
パイロットである自分は、体から発せられる警報にも正しく対処し、解決するための指示をしなければいけません。
疲れたら休む、眠くなったら眠る、お腹がすいたら食べる、喉が渇いたら飲む、といった基本的な事がらも体からの警報を解決するための指示です。

ところが、体からの警報を無視してしまうとどうなるでしょう?
現代の生活で多く見られるのは、
・休みたいのに休めない。
・眠くなっても眠らない。
・満腹なのにまだ食べる。
・空腹なのに食べない(無理なダイエット)。
・逃げ出したいのに逃げ出せない。
このように、ストレスがかかっているのに、うまく解消できない状態がよく見られます。
体が元気なうちは、それにも耐えることが出来るでしょう。
しかし、あまりにも度を越すと、ついには、体から警報が出ている事さえ分からなくなってしまいます。
自分の体のことがよくわからない状態です。
疲れを感じない、眠気を感じない、満腹感や空腹感を感じない、何がつらいのかわからない、などの状態です。
交感神経がかなり優位になってしまっている状態です。
戦闘モードですね。
このモードになると、さらに無理が出来てしまいます。
しかし、体も心も疲弊してしまい、その先はまたもや自律神経の働き乱す結果に。
解決方法もわからないまま、悪循環へハマっていく感じです。
体と心は一心同体で、常に良い関係を保っておくことが、体と心両方の健康を保つための秘訣です。
自分の体の声に耳を傾けてください。
自分の体とよく対話し、今の状態を正しく把握すること。
時には無理してがんばることも社会では必要だと思いますが、その分、後でしっかり休みとって、上手に自分の体を使ってください。
上に書いたような悪循環に陥らない道を選びながら生きていくことが、結局一番正しい道だと思います。
いくらでも頑張れる。
それを強い事だと考える人は多いと思います。
でも、その頑張る内容が、自分を消しゴムのように削ってドンドンかすが出て、自分を削っているような事になっていないか、よく見極めないといけません。
いつか「ポキッ」と折れちゃいます。

(2015年掲載)2021.09更正