整体よもやま話

初めての肩こりは突然に

体の繋がり

肩こりのイメージってどんな感じでしょうか?
若い時からずっと凝り症です。
とか、週一回マッサージに通わないとダメで、とか。
どちらかと言えば、慢性的なイメージが強いのではないでしょうか。
今回の内容はそのイメージとは違って、今まで一度も肩こりしたことが無かったと言う人が、突然肩こりを感じるようになり、治らなくなってしまったと言う話です。

30代の男性です。
今まで肩こりの経験は、ほとんどありません。
それが、10日前から急に、左肩にコリのような違和感が出るようになりました。
何か原因になるようなことは?と聞いたのですが、分からないそうです。
肩コリがひどい時は、脇の後ろ側に痛みも出ます。

肩を触診してみると、筋肉の張りが強く出ている部分がいくつか見つかりました。
脇の後ろ(広背筋や大円筋)、肩の上(肩甲挙筋、僧帽筋)などです。
しかし、筋肉が収縮して硬くなっていると言うよりは、膨張して膨らんでいる感じです。
筋肉に起こる凝りは、二種類に分けて考えることが出来ます。
筋が収縮して(短くなって)固さが出るコリと、逆に、伸ばされて(長くなって)膨張して張ったコリです。
コリの状態によっては、施術ポイントや方法を変えなければなりません。

肩の関節の状態をよく検査する、肩が少し前に出て、胸鎖関節(鎖骨の胸の付け根側)部分に、やや上方へ向かう歪みが出ています。
体全体は、ふくらはぎの緊張と左膝裏の圧痛が特に強く見られます。
急な肩こりの原因は、肩関節部分の張り出したエリアにあると思われますが、それだけが今回の原因ではないかも知れません。
肩こりと同じ左側の下肢。
ここに見られる緊張(膝やふくらはぎ)も何か影響している可能性が高そうです。
左下肢の緊張には、重心が左後方に留まりやすくなると言う弊害があります。

ふくらはぎの緊張や膝裏の圧痛は、足を支配している坐骨神経が緊張している現れとも言われ、普段の不良姿勢や重心の不均衡などによって起こるようです。
坐骨神経ラインが緊張すると殿部や脊柱起立筋(背骨をささえる筋)が張り、肩や首の凝りも発生しやすくなります。
操体法でもこの膝裏の圧痛はどんな症状の場合でもまず取らなければならない、と言っています。
取り方はわりと簡単です。自分で直す方法(セルフケア)に書いた膝揺らし。
自分でやってもらうのではなく、私が揺らしました。
するとひざ裏の圧痛はすぐ取れました。
この後、ふくらはぎを軽くゆすってふくらはぎの筋疲労を流し、脚の後ろから背中までの無駄な緊張も取れてきました。
これで、肩を調整する準備が整ったので、胸鎖関節周辺の調整を行うことにしました。
鎖骨と首との隙間が、緊張で詰まっています。
この緊張を解いて緩めます。
普通でも強く押すとちょっと痛い場所なので、あまり痛みを与えないように慎重に。
ある程度緩んでくると肩が軽くなりました。

次は、肩の前方変位の調整。
これは、肩関節を後ろに引きながら、腕をクルクル何回か回します。
これで、肩の凝りを確認してもらうと、もうほとんど凝り感は無くなりました。
その後も経過は良好で、再発する事無く、二回目の施術で終了となりました。

何が原因かわからないような、突然のコリや違和感。
原因は、体の中に潜む緊張でした。
なぜこの緊張が起きたのかは、わかりません。
もし放っておいたら慢性化したのか、それとも、時間が経てば自然に治ったのか。
少なくとも、慢性化したものよりかは、施術がしやすかったのは確かです。

(2010年1月掲載)2021.09更正