トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

慢性肩こりからの卒業

一時的に肩が凝っていたと言うぐらいのことは誰でもあると思います。しかしコリが取れないまま何年も続く、いわゆる慢性肩こりはとてもつらいですね。そんな何年も続いてきた慢性的な肩こりでしたが、原因を一つ一つ丁寧に見つけて取り除いて行き、しだいに解消していきました。

今回の話は、5年間ずっと肩こりが続いている女性の方の話です。
肩こりがひどい時は、腕にシビレまで出るそうです。他の整体にも何軒か行ったそうですが、施術後は楽になるものの、また次第に肩コリは戻ってしまい、今まで治らずに5年が過ぎたようです。今まで受けてきた施術は主にもみほぐし系と関節鳴らす系の施術だそうです。

さて、背骨のゆがみ背中を見てみると、亀の甲羅のように筋肉が張って背中が丸くなった状態です。背骨のゆがみかたで見ると、左右均等になっておらず、図のように場所によって右へ左へとクネクネ蛇行するようにうねっています。頸椎は左へ胸椎は右へ腰椎はまた左へと飛び出したような感じです。背骨が曲がっているように見えても可動域の制限(緊張による制限)がなければ問題はありません。そこでいくつかテストを行いました。

動作テストで首の動作を各方向(回旋・側屈・前後屈等)調べてみると、顔を左へねじって傾ける方向へ動かすと左の肩~首にかけて痛みが広がります。腕(肩)や腰を動かすテストでは特に痛みは起きませんでした。他いくつかのテストを行って、この慢性肩こりに直接悪影響を与えているポイント(ロックした緊張部分)は首(頸椎)周辺にあると判断し、施術を組み立てて行くことにしました。

頸椎には左へ凸のゆがみが出ています。首の動作テストでも首を左へ曲げて行く方向に制限が出ています。この左外へ向かっている緊張の力を緩めるためには、緊張が出ているポイントとその正確な方向をつかまなければいけません。その方向とポイントに施術がぴったり重なると、緊張がほどけ緩み始めます。

いくつかあった首(頸椎)の緊張ロックを解除し、首のゆがみもなくなったのですが、それでもまだ十分かコリの解消には繋がりませんでした。胸椎、腰椎の大きなゆがみがそのまま残っており、それが首、肩へ負荷をかけているようでした。当初頸椎のみの施術で解決するものと予測していたのですが、見極めが甘かったようです。
胸椎、腰椎共に頸椎と同様に施術を進めることで、次第に背骨全体の緊張(見た目の歪み)も無くなり、その結果全ての緊張が緩むのに4ヶ月かかりましたが、あれほどひどかった肩こりは無くなり慢性肩こりから卒業することが出来ました。

今回のように、症状の出ている周辺だけを施術したのでは解決しない事も多々あります。いくつもテストしながら見つけていくのですが、これに違いないと思い込むと視野が狭くなって良くありませんね。
今回の方の状態をまとめると、腰や背中にできた緊張が、それを土台として支えられている首へ負荷をかけ、症状としては肩こりとして表現されたと言うことでしょう。結局背中全体に複数緊張が留まっていたという結果でした。
人は起きているほとんどの時間を体を起こして生活しています。その姿勢の要になるのが、特に「腰」です。その腰が固定してうまく機能していないと、背中や肩、首にまで悪影響が広がることがあります。

(2021年1月加筆修正)