トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

しゃがめない、足首と腰の連動

身体の各部分は考えている以上に連動し協調しあって動いています。この連動が崩れると、各関節が連動せずバラバラな動きをするロボットのような動きをになってしまいます。ギクシャクした不自然な動きは自分の体の中に力みを生んで負荷を集中させて、しだいに痛みを広げていきます。ロボット

今回の話は、しゃがみ込むと右の足首が折れ曲がらずカカトが浮いてしまう人の話です。和式のトイレにしゃがむ時の姿勢です。足首がとても硬くて曲がりませんし、無理やり曲げようとすると足首に痛みも出ます。無理にかかとを床につけると、無理な体勢となって右腰が突っ張るように痛みます。
他にも色々テストをした結果、足首と腰が影響しあっているのは間違いなさそうなのですが、この段階ではどちらが悪いのかまだ判断できませんでした。
足首を曲げたときの痛む場所はアキレス腱部分です。アキレス腱はふくらはぎの筋肉の腱の部分です。カカトの骨に付着しています。ふくらはぎに緊張が出るとアキレス腱にも当然緊張が走り、カカトに付着している部分に負荷がかかって痛み出します。この方も案の定ふくらはぎの筋肉の緊張が高かったのでこれをまず緩めました。これがなかなか頑固な緊張で、緊張が広範囲に及んでいるだけではなく筋膜に癒着も出ていたようで緩めるのに時間がかかりました。ですがしばらくするとだんだんと緩みが出てきて、足首は左とほぼ同程度にまで曲げることが出来るようになってきました。しかし曲がるようになったといってもこれは足首だけを曲げた場合の話しです。実際にしゃがんでもらうと、変わらず踵が浮いてしまいます。まだ足首以外の部分に問題が残っているようです。そこで次は少し痛みも出ていた右の腰に注目して施術をしました。
無理にカカトを床につけてしゃがむと腰の後ろ側に痛みがあります。痛む場所は本人は腰と言っていますが、実際は臀部(お尻)の上あたりで筋肉でいうと中殿筋や小殿筋などの股関節の筋肉の位置になります。これを股関節からの動きを使ってゆるめてみると、しゃがんだ時にカカトがほとんど着くようになりました。それとその際の腰の痛みもほとんど出なくなりました。

今回のパターンは、推測になりますが当初腰(臀部でしたが)に何かの理由で緊張(制限)がかかり、それをかばっているうちに余計な負荷がふくらはぎへ集中。しだいに緊張を増して硬さが取れなくなり足首の可動域を減少。その結果足首に痛みが出てきたと考えています。かばっている期間がずいぶん長く、足首自体が固まってほとんど動かなくなっていたようです。

2018年8月加筆修正(2021.01更新)