トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

筋緊張から見る!症状の原因

痛みやシビレ、こわばりなど各症状の原因とは何なのか。これを筋肉の緊張から考察したいと思います。

痛む、痺れる、こわばる、曲がらない、などの症状だ発生している辺りを調べると、筋肉が縮むことが出来ない部分と伸びることが出来ない部分とが見つかります。便宜上前者の縮めない部分を「過労部」、後者の伸びない部分を「短縮部」と呼ぶ事にします。

背骨の図

図Aは背骨をあらわしていて、図Aのように重なった骨の間を「関節」として機能させるために、沢山の筋肉が骨の前後左右に付着しています(図B)。それらの筋群によってコントロールされた骨と骨が関節として機能し、背骨全体を安定させ、しなやかな動きを可能にします。

今、図Bの①の部分の筋肉が制御が狂ったとします。通常、制御が狂うと筋肉は弛緩ではなく緊張方向へ命令が強く働くため、筋肉は過緊張となります。①部には筋肉が過緊張し縮んだままになった「短縮部」が作られます。
短縮部が作られると、その関節は図Cの様に右へ傾き、☆部分の関節が閉じた状態になります。短縮部の反対側(左側)には伸びた状態(関節が開いた状態)が作られ、縮めない部分つまり「過労部」が作られます。過労部は常に伸ばされながら力を出さなければならず、過剰に疲労しやすい部分になります。

小さな一箇所の過労部は次第に耐えられなくなると、周辺の筋肉にも協力を要請し、過労部が次第に大きなエリアへと広がっていきます(図C‐②③)。これらが重複してくると複雑で分かり辛い症状を作り出してしまいます。

症状としては痛み以外にも、

・可動域の低下  

・廃用性萎縮(使わないことで衰える)  

・慢性筋肉疲労  

・周辺の代謝低下(血液循環低下)  

・姿勢のアンバランス

などの状態が現われます。
一番の原因は①の短縮部によって作られる力(緊張)なのですが、多くの治療が症状の出やすい過労部に着目しているように思います。過労部への施術でも一時的な症状の緩和には役立ちますが、真の原因を残したままでは片手落ちです。

短縮部①は症状を出していない場合もあるので発見が難しいのですが、短縮部から作られている力(緊張)の方向を正確に捉える技術があれば、その緊張を解除して症状の根本解決につなげることが出来ます。

次の記事では、この短縮部①を緩める方法についていくつかの方法を考察してみたいと思います。
筋緊張から見る!異常を直す方法

2018年8月加筆修正(2021.01更新)