トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

慢性腰痛・過緊張タイプの方にも著効

全身の緊張度合いがとても高いタイプの方が時々います。わりと女性に多いような印象です。
腰痛本人はもちろんそんな気はないのですが、横に寝ても体の緊張が抜けず、全身がなんとなくピーンと緊張している感じで、施術を行うのに少し苦労と工夫が必要です。

この方は60代の女性です。ホテルの客室清掃の仕事をしておられます。仕事の影響もあるようですが、肩こりと腰痛が周期的に強くなるので、月に一度ぐらいのペースで来院してくれています。
この方が超緊張タイプなのです。他の方たちと比べてもトップクラスです。
脱力が苦手で無意識に体全体に力が入ってしまいます。そのせいで、たまにマッサージなどに行くらしいのですが、そこで全身いたるところがガチガチに凝っていると勘違いされ、すごく強揉みされた結果、強烈な揉み返しでその後苦しむことも多々あるそうです。「もうあそこには行かない」と愚痴る事も。
この方には、マッサージなどに行くときは施術者としっかりコミュニケーションをとって、コリを感じる場所とそうでない場所など自分から率先して説明するようにして下さい。と言っているのですが、上手く伝えられない事が多いようです。コリによる硬さなのか、意識的な力による硬さなのかは本来施術者であればはっきり見分けられる基本的技術なのですが、意外とそれが出来ない施術者も多いようです。

さて、この方の腰痛ですが、なかなか完全な回復が難しく、施術後しばらくは調子良くなるのですが、ひと月もすると次第に辛くなって来ると言うのを繰り返します。仕事の負荷もあるようなのですが、それよりも普通の日常的動作でさえも緊張タイプのパターンで必要以上に力を入れてしまいます。力みを入れると体に不必要な支点が出来て、体が固まり、おかしな使い方の癖がついて来ます。この癖を取るための楽な体の使い方のポイントを何度も指導したのですが、なかなか上手くなりません。今までなじんだ自分流の動かし方を変えるのは体の柔らかさよりも頭の柔らかさが必要ですから、大人はこれが結構難しいですね。この辺は子供の方が変わるのが断然早いです。

そこで何とか施術が上手く行きやすい方法はないかと試行錯誤の末、腰仙関節(腰の付け根)をゆるめる操作にちょっと工夫を加えてみる事に。本来は極力脱力した状態で施術を行うのですが、この方は緊張が抜けないので、この緊張の力を逆に利用して軽いテンションを保ち、緩めたいポイントへ少し遠くから動きを伝える方法を考案しました。するとこれが上手く行き、緊張を保ったままでも患部を緩めることが出来、するとまず日中の腰の調子が良くなり、次いで朝一の辛さも無くなり、その後とても良好な状態が約3ヵ月続いています。
今までの施術法を進歩させていく良い機会をいただきました。

注意!本記事は、まだ安穏亭の基本手技である集心法(しゅうしんほう)が完成していない時期に書いたもので、集心法開発のヒントになった事例です。記事内容が古い内容ですが記録としてそのまま掲載しています。

(2021年1月更新)