トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

ひどい肩コリと偏頭痛

片側または両方のこめかみあたりが、脈打つように「ズキンズキン」痛む偏頭痛。頭痛痛みだすと数時間~数日続く場合もあります。つらい痛みですね。偏頭痛の原因は色々ありますが、ひどい肩こりを直すと偏頭痛の頻度がぐっと下がる場合があります。今回はそんなお話。

30代男性のかたです。慢性的な肩こりが20年も続いています。さらに1年前からひどい偏頭痛も出るようになり、病院で処方した頭痛薬を飲むことで、発生頻度を2ヶ月に一度ぐらいにおさえることが出来ていました。しかし最近肩こりがひどくなるとともに、偏頭痛の頻度も増え、薬でコントロールできなくなってきました。
首や肩周辺のこわばりは、それ程ひどくないように見えます。しかし首を動かすと、左首~肩にかけてハッキリした痛みが出ています。
それと腰の動きも調べると、右の鼡径部が伸びづらい感じがあるようです。

肩こりがひどくなったきっかけを聞いてみると、半年ほど前に右側の脇の下(肋骨)を強打したそうです。その時に左首にも痛みが出ていたようですが、それは数日でおさまり、打撲の痛みも1週間ほどでなくなったそうです。
どうも首との因果関係がありそうなので、右肋骨の付け根(胸椎の2~4)あたりを私が押さえて首を動かしてもらういました。すると首がスムーズに動きます。やはり関係がありました。
どこに緊張が出ているのか細かく調べていくと、胸椎と肋骨とのつなぎ目に緊張が強く出ているポイントが見つかりました。緊張は向きは体の中から背中へ向かう方向に出ています。
ポイントは分かったので、数日おきに施術を3回行いました。すると20年続いた慢性的な肩こりでしたが無事解消し、その結果、偏頭痛の発生頻度がかなり下がったと喜んでいただきました。
偏頭痛を起こしやすくしている要因の一部でも解消すれば、全体のレベルが下がり発生頻度や痛みの程度もぐっと下がります。

頭痛といっても色々な理由でおきるもので、精神的ストレス、脳の病気、肩こり、ウィルス、高血圧、内臓の病気など原因はさまざまです。緊張を緩めることですべての頭痛に対応できるとは考えていませんが、体の表面に明らかな不均衡や傾きが現れている場合は、その原因(緊張)を見つけてゆるめてみる。すると頭痛が消えたり頭痛の発生頻度が下がったりと良い兆候が現れてくることがあるのも事実です。

(2018年7月加筆修正)2021.01更新