トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

動かない首と足首

関節を長く動かしていないと、周囲に癒着が起こり固まったように動かなくなります。これは傷を治すための機能でもあるのですが、接着剤のように関節周囲を引っ付けてしまうのです。今回の話は10年以上前に固まってしまった足首の話です。足首

この方は70代男性です。右足首が曲がりません。足首が曲がらないため、歩いていると爪先が引っかかり転びそうになるそうです。それに加えて首も固まってほとんど動きません。首は前後ろ左右とどの方向にもほとんど動きません。仰向けに寝ると頭が浮いてしまうので高い枕が必ず必要です。
足首の状態は、アキレス腱側がほとんど伸びず、曲げる(背屈する)ことが出来ません。アキレス腱はかなり太く肥厚しています。

歩き難くなったのは10年ぐらい前から。最初、40歳の頃らしいのですが踵の部分に痛みが出て、病院で骨を溶かす注射をして治したそうです。しかしそれ以降だんだん足首が固くなって来たそうで、ついに10年ほど前から歩くのに支障が出るぐらい動かなくなってきました。骨を溶かす薬を注射とおっしゃるのですが、なんの治療薬なのかちょっとわかりませんでした。
首は子供の頃の転落事故での大ケガが原因です。それからずっと首の調子は悪かったそうです。当時後遺症が残ると言われたほどの大きな事故だったようですが、運よく日常生活に支障が無いまでに回復したそうです。整形外科にも通い、長年ご自身でもストレッチやトレーニングなどをして努力されて来たようですが、首の動きは改善しなかったそうです。首の状態がさらにひどくなってきたのは15年前ぐらいからだそうです。

足首も首も固まり方が尋常じゃありませんでした。がっちり固まっており、よく痛みが強く出ないなあと不思議でした。と言うのも足首、首、共に痛みがないのです。昔は痛むこともあったようですが、今は痛くなくなったそうです。痛いのを通り越してしまったのかもしれません。
完全に癒着がメインの固まり具合なので、少しハイペースで施術をしました。結果、最初は直角からまったく動かなかった右足首が、ずいぶん曲がるようになってきました。それに伴い、歩くときつま先が引っかかることが少なくなってきたそうです。また長年つま先を上げる力を出していなかったので、まだ筋力が上手く出ないようです。でも、足首の動く角度が広がるにつれ自然と筋力もついて来ます。
首はなかなか上手く行きませんでした。おそらく頚椎に過度の癒着がおきているのでしょう。もし関節面が融合していたら、もう動くことはありません。その見極めがとても難しく、慎重に施術しなければなりませんでした。少しずつ癒着をゆるめて、次第に水を飲む動作や仰向けに寝るときが楽に出来るようになってきたとおっしゃっいますが、まだまだ正常範囲からは程遠い状態です。

足首と首ともに当初に比べると少しゆるみが出始め、可動域もいくらか広がってきたので、その後は通常のペースでの施術に切り替えました。おおよそ3か月ほどでしょうか。曲がらなかった足首は当初とは比べ物にならないぐらいよく曲がるようになりました。ほとんど左足首と同じぐらい曲がるようになりました。歩行の時も爪先が引っかからなくなり、スリッパを履いても脱げにくくなりました。さらに駆け足も出来るようになりました。10年前に戻った感じがすると喜んでくれました。かなり癒着が進み可動域が狭くなっていたうえ、年数も10年以上たっていたのですが、予想した以上に改善したので私も驚きました。体力が落ちないようにウォーキングやストレッチを熱心にやってきた方なので、もしかしたらその分治癒力も高かったのかもしれません。

結局、足首に関しては解決したのですが、首に関しては残念ながら十分な結果が出ませんでした。当初よりやや可動域は広がりましたが、とても正常範囲とは言えません。癒着が進んでしまっていたのかもしれません。

(2018年8月加筆修正)2021.01更新