整体よもやま話

筋肉の伸び縮みのイメージ?

筋肉

筋肉の伸び縮みを、ゴムが伸び縮みするのと同じに捉えている方は多いのではないでしょうか?
でも、そのイメージにはちょっとした誤解があります。
筋肉の構造と伸び縮みのメカニズムをなるべく分かりやすいように書きたいと思います。

筋肉の基本構造は、ピストンと同じ構造です。
ゴムのようにその繊維自体に伸縮性があるのではありません。
※筋繊維に伸縮性はあるのですが、ここでは筋肉の基本構造を話したいので弾力については割愛します。

ピストン構造

 筋肉は、二つの物体がスライドすることで全体の長さが変わります。
これは竹の水鉄砲のようなピストン構造と同じです。
筋肉を伸ばしても、ゴムのように線維が細くなって伸びるのではなく、ピストンのように筋肉繊維が滑り出しスライドして長さを変えます。

さて、筋肉・筋肉と書きましたが、正確には筋原線維と言うべきですね。
細い細い筋肉の線維の名前です。
筋肉全体を見ると、実はゴムと同じ特徴を持った部分もあります。
それが筋膜と呼ばれる部分。
ソーセージの皮のように筋線維の周りを取り囲んでいます。
筋肉の端の部分、いわゆる腱と呼ばれる部分も、筋膜が束にまとまったものです。つまり正しいイメージは・・・・

ピストンを沢山縦に並べて、その周りを伸縮性のある膜で包んで、それを何本も束ねて、また膜で包む。
その束の塊が筋肉。

筋繊維

 筋肉が伸びないと言う事を、この二つの部品(筋膜と筋繊維)に分けて考えます。

筋膜(ゴムの膜)だけが伸びない場合。
これは、ただ膜組織が硬いだけ。
運動不足も一因となります。
地道に動かすことで、次第に伸びるようになります。

筋線維(ピストン構造)が伸びない場合。
これはちょっとまずいです。
ピストンをスライドさせる制御がどこかおかしくなっています。
なにか治療が必要かも知れません。

筋膜も筋線維も伸びない場合。
これが一番まずい状態です。
筋肉全体が制御の面でも構造の面でも伸びにくくなっているため、動かしにくく、無理に動かすと強い痛みが出るような状態です。
無理して伸ばせば、筋肉のどこかが壊れることもあります。

では、筋膜、筋線維それぞれの伸びない理由を考えてみましょう。
筋膜は、動かさなかったことによって膜と膜の間の潤滑性が低下し、膜自体硬くなり、伸びなくなってしまいます。
でも、少しずつ動かしていけば、柔らかくなり、伸びるようになるでしょう。
しかし、筋線維が伸びないのには、別の理由があります。
それは、伸びないようにどこかから収縮命令が来ていることです。
筋繊維を伸ばすには、収縮命令を切らなければなりません。
このことから治す順番が必然的に決まってきます。
その順番は、まず筋線維への緊張命令を減少させる事。
そのあとで筋線維と筋膜を一緒に少しずつ動かして、筋膜の伸びを回復していくという順番です。
これを逆の順番でやってしまうと、ただ痛いだけでなかなか筋肉は素直に伸びてはくれません。
そこで問題になってくるのは、どうやって筋繊維の緊張命令を減少させるのかです。
それについては、他のページでも色々と考察しているので、そちらを探して読んで見てください。

どうでしょうか?
筋肉の伸び縮みのイメージ。
思っていたのと違っていた方は、新しいイメージを作り直してみてください。
正しいイメージを持つことは、上手なストレッチや体の動かし方、理にかなった運動原理が身に付く為の役に立つと思いますので。

2017.10.22(2021.09更正)