トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

寝違えて首~背中の痛み

誰でも一度は寝違えの経験があると思います。寝て起きるとどうしたわけか首が痛く、だんだん痛みで首が回らなくなる。寝違え大抵は2~3日我慢すれば自然と治って来るのが普通ですが、運悪く慢性化してしまうと後で大変なので、早めに処置して慢性化を防ぎましょう。

60代の女性の話です。長い付き合いのお客様で、月一回定期的に来られています。いつもは趣味の手仕事をがんばりすぎるとたまに肩が凝るのと、まれに腰痛ぐらいで、特別つらい慢性症状は出ていませんでした。

今回は1週間前に寝違えたそうで、その痛みが今も治らず残っています。首を動かすと、右首スジ~肩~背中へ痛みが出ます。僧帽筋のエリアです。施術は首の動きによって痛みがどう違うかをチェックするところ始めました。

首をいろいろな方向へ動かしてもらうと、痛みが強く出る方向と、わりと楽に動く方向があります。仰向けに寝てもらい、楽に動く方向へ首の角度を合わせます。この位置を基準に、緊張している右首筋が緊張をほどき柔らかくなる位置へ首の角度や支え方を微調整します。ちょうど良さそうな位置が見つかったので、そのまま5分ほど待っていると、首筋の緊張がさらにゆるみはじめました。大体ゆるんだかなと言う感じになったので、起きて首の痛みをチェックしてもらいました。無事痛みも無く動かせるようになりました。(この方法は集心法開発以前のものです)

寝違いといっても痛む場所やその原因は様々で、背中、肩、肘、手首に原因ある場合もあります。首だけで上手くいかない場合は肩や腕、背中、時には腰も直さなければいけません。
しかし、今回も痛くなったきっかけは何だったのでしょう。なぜ緊張が固定化されて緩まなくなるのか、そのきっかけは何なのか、なかなかここが分からない点です。

(2018年7月加筆修正)2021.01更新