整体よもやま話

偏った肩こりと腰痛

パソコン仕事

今回は、体の傾きによって起こる、偏った肩こりと腰痛の話です。
30代男性。
症状は、肩こりと腰痛。
肩こりは、特に左肩が凝りやすい。
腰痛は、寒さや疲労が重なると痛みが出て来ます。
仕事は、車の運転とパソコン作業のどちらも多く、そのせいだろうとおっしゃっています。
さて、肩周りから見ていく事にします。
座って、肩の高さを比べると、左右差がかなり有ります。
右肩が低い。
左肩よりも数センチ、肩甲骨が下がっています。
次に動作テストを行います。
立位で一通りテストを行いましたが、どこにも痛みや違和感などは出ませんでした。
坐位でのテストでは、上半身の左回旋の可動域が狭くなっています。
全体の印象としては、右半身が縮み気味、左半身が伸び気味で、少し右へ捻じれている感じです。
左半身のどこかに、重心が固定されているようです。
この姿勢だと、常に左半身で右半身を持ち上げる形になります。
つまり、左半身にかなりの負荷が掛かるということ。
左側の肩や背中や腰に、コリや痛みが起きやすいのは、このせいでしょう。
この姿勢の原因になっている、緊張を探します。
こういった姿勢の場合、腰に原因がある場合も多いので、腰周辺の動作テスト、触診による緊張の有無を調べましたが、見つかりません。
そこで、背骨を登って胸椎を調べてみると、いくつかの胸椎を左へ引っ張る力(緊張ポイント)がありました。
背中の真ん中あたりの緊張なので、うつ伏せで施術を行います。
緊張によって左へ引っ張られている胸椎を、肋骨ごと左右から両手の平で包み込み支えます。
緊張によって、胸椎の左側へバランスが傾いているので、傾いた部分で支え直し、バランスを取ります。
しばらく待つと、緊張が緩みました。
これで、左右の肩の高さは揃いました。
坐位での、左回旋の可動域も、これで広がりました。
立位、座位、共に大きな傾きは消えました。
その後の経過が気になっていたのですが、後日奥様を連れて来られて、「あれ以来調子良いですよ」とおっしゃるので、やっと安心できました。

(2018年7月加筆修正)2021.09更新