トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

偏った肩こりと腰痛

今回は、体の傾きによって起こる偏った肩こりや腰痛の話です。パソコン仕事

30代男性。症状は肩こりと腰痛です。肩こりは特に左肩が凝りやすいそうです。腰痛は昔からで、寒さや疲労が重なると痛みが出てくるそうです。仕事は車の運転とパソコン作業のどちらも多く、そのせいだろうとおっしゃっています。

さて、肩回りも見ていくと、肩の高さに結構左右差があります。右肩が低く、左と比べると肩甲骨の位置で約2センチ差があります。他に動作テストで立位で一通りチェックを行いましたが、どこにも特別な痛みなどは出ませんでした。坐位での動作チェックでは、上半身の左回旋がしにくいようです。
総合すると全体として右半身が縮んで、左半身が伸びた状態に見えます。上半身が少し右へ回旋もしているようです。

ここまでの検査でわかるのは、左半身のどこかで重心が固定され気味。つまり左半身のどこかに緊張が隠れている可能性が高い。それと、この姿勢だと常に左半身で体を持ち上げておくようになるため、左半身にかなりの負荷がかかるということ。左肩や左背中、左腰にコリや痛みが起きやすくなります。この姿勢の原因になっている緊張を探さなければいけません。
腰にあるのかとも思ったのですが、色々検査しても見つかりません。そこで胸椎(背骨)を調べてみると、胸椎の左側面に外へ張り出した緊張部分がありました。この緊張を緩めると、左右の肩の高さがそろい、坐位での左回旋のやりにくさが改善しました。
これでしばらく様子を見てもらうようお願いしたのですが、そのごご来院されないので経過が気になっていたのですが、後日奥様を連れて来られて、「あれ以来調子は良いですよ」とおっしゃるので、やっと安心できました。

歪みを作っている緊張部分には何も痛みやコリなど出ないのに、少し離れたところにコリや痛みが出ることがあります。これ姿勢の傾きによる二次被害のようなもので、凝っているところ痛むところにいくらアプローチしてもどうにもなりません。この場合姿勢をゆがめている原因を見つけないと解決しないですね。

(2018年7月加筆修正)2021.01更新