トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

背中の嫌な感じ

首や背中にコリや痛みを感じる方は多いと思います。でも自分の感覚を言葉で表現するのは簡単なようでとても難しい。背中の筋肉それはあくまで個人の感覚なので、コリや痛みと言っても私が感じているコリや痛みとあなたが感じているコリや痛みは同じではないと思います。

この方は首から肩甲骨の内側に向けて痛いほどではないが「嫌な感じ」があるそうです。コリなのでしょうか?それとも少し痛いのでしょうか?よくわかりません。

首を動かしてもらうと、肩甲骨の内側に嫌な感じがするようです。でも痛いわけではありません。
頸椎~胸椎を触診すると、頸椎は左へ膨らんで胸椎の上のほうが右へ膨らんでいました。背骨には脊柱起立筋群と言われる沢山の筋肉が上下につながっています。背骨一個一個をつないでいるものからいくつもの背骨をまたいでつながっているものもあります。そのうちの一部、胸椎から頸椎につながっている起立筋に緊張が取れなくなっている部分がありました。少し長い筋肉です。
まずは胸椎側でこの筋肉が付着している部分を見つけ、胸椎の緊張が緩む方向を見つけた後緊張を緩めます。次に同様の施術を頸椎側にも実施。これでおおよそ緩んだのですが、まだ筋肉の中間あたりに緊張が残っていたので、この緊張を頸椎全体の角度を変える動きを利用して緊張解除すると、背中の嫌な感じは消えてくれました。

痛みやコリ感も嫌ですが、何とも言えない嫌な感じと言うのもずっと続くとずいぶんストレスになると思います。腕や胸みたいに手が届く範囲なら、嫌な感じの所に自分の手を当てておけばいくらかましになったりしますが、背中だと手も届かないのでもどかしいでしょうね。
痛みが無く違和感程度だとそのまま放置しておく事も多いと思います。ですが痛みも違和感ももとは同じ。痛みのレベルまで達していないものを違和感と感じている場合も多いようです。そう考えれば、痛みへレベルアップする前に違和感の元を解除しておく方が良いですね。

2018/12/14作成 (2021.01更新)