トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

高熱後から目と肩にズキッ!と痛み

今回は病気で高熱(40度)が出て以来、目と肩にズキッ!とした痛みが出るようになった方の話です目のズキッと痛み
痛む場所は目と肩で、ともに右側が顕著に痛むそうで、ズキッと一瞬だけ痛みが出る感じだそうです。目の痛みなのでもちろんすでに眼科を受診していましたが、原価での検査では異常なしだったようです。ちなみに仕事柄パソコン画面を凝視することが長時間あるそうで、目や肩は普段からかなり酷使しているのは間違いなさそうです。

いくつかのテストを行い調べていくと、首の動きには問題はなさそうで痛みや違和感は出ていないようです。しかし首の左右の形が妙に不均等なのが目立ちます。具体的には頸椎の左前側と右側面部分に不自然な筋肉の緊張が固定化されています。筋肉の名称で言うと斜角筋(前部と中部)のあたりです。それ以外には悪さをしてそうな目立つ個所は見当たらなかったので、施術はこの緊張を緩めることを主眼に置きました。
さっき斜角筋とは書きましたが、実際にはそれ以外にも頸椎の骨の際についている小さな筋肉や、背中の方につながっている筋肉などにも少なからず緊張はあって、それらの緊張のロックを一つ一つ丁寧に外して緩めていくことにしました。
この方のように症状は主に右(片側)なのにその反対側の首にも異常があるというのは結構よくあることです。体の中心を挟んで対角線上に緊張が出ることが多いですね。力が斜めにもつれあうことで悪い状態で安定しているように見えます。
これらの緊張が緩んでくると、最初不均等だった首の左右の形もある程度均等になり、それと共に目と肩の痛みも回復してきました。推測にはなりますが、この首の緊張は今回高熱が出るよりも前からあったものだと思います。その原因は仕事による慢性的な負荷なのかもしれません。従来よりあった悪い部分に高熱による悪影響が重なり活性化したのではないかと思っています。

例えばインフルエンザなどで高熱が出ると体のあちこちが痛くなりますが、とはいっても全身くまなく痛むわけではありません。右肩と左股関節が特に痛むとか偏りがあるはずです。その痛む部分をよく考えると、そういえば昔怪我をした古傷だったり普段からちょっと無理をすると痛くなりやすい部分だったりしませんか?いわゆるウィークポイント(弱点)になってるわけですね。
筋肉に緊張が出てロックがかかってしまうと、そこは大げさに言うと動けない状態になります。動けないと言うのは循環系でいうと代謝が悪い、滞る、溜まると言った環境なわけです。とはいってもその悪い部分が必ず痛みや不調を出すとは限りません。体の耐力内で上手くおさまっているか、他が上手くかばってくれていれば症状は強くは出さず潜伏してしまいます。しかし、発熱したり体が異常に疲労したりすると炎症物質が血管内をグルグル回って行くうちに、循環が停滞している潜伏した部分で留まります。この時初めて潜伏して隠れていた悪いところが症状を出し表に現れてきます。一度活性化するとそのまま表面化したまま慢性化してしまうことも多いようで、その時には緊張を解いてしまわなければいけません。おそらくは今回の方もこのような経緯なのだと思います。

2021/12/4作成(2021/1更新)