整体よもやま話

高熱後から目と肩にズキッ!と痛み

目のズキッと痛み

今回は病気で高熱(40度)が出て以来、目と肩にズキッ!とした痛みが出るようになったかたの話です。
痛みは、目と肩です。
どちらも右側が顕著に痛みます。
ズキッ!と一瞬だけ痛みが出る感じです。
目の痛みなので、すでに眼科は受診しています。
眼科の検査では、特に異常は見つかりませんでした。
仕事柄パソコン画面を凝視することが長時間あるそうです。
目や肩は普段からかなり酷使しているのは間違いありません。

いくつかテストを行う事にします。
首の動作テストでは、首の動きに問題はなさそうです。
首に痛みや違和感は出ていません。
しかし、首の左右の形が妙に気になります。
かなり不均等なのが目立つためです。
具体的には、頸椎の左前側と右側面部分に不自然な筋肉の盛り上がりが見られる。
筋肉の名称は、斜角筋(前部と中部)です。
それ以外には悪さをしてそうな個所は見当たりません。
まずは施術をして、斜角筋部の緊張を緩めることにします。
ちなみに斜角筋だけでなく、それ以外にも頸椎の骨の際についている小さな筋肉や、背中つながっている筋肉などにも少なからず緊張はあります。
それらの緊張のロックを一つ一つ丁寧に外して緩めて行きます。
この方のように、症状は右(片側)なのに、その反対側の首にも異常があるというのは、結構よくあります。
体の中心を挟んで対角線上に緊張が出ることが多いようです。
バランスが悪い状態でも、何とか安定するために、対角線上で緊張が発生するのでしょう。
斜角筋は頸椎と肋骨に付着しています。
その為、頸椎と肋骨に力みを与えて動きを制限し、それぞれの関節をゆがめています。
仰向けに寝てもらい、首~背中へ手のひらを差し入れて、緊張によりバランスが傾いて重くなっている所を探します。
特に肋骨一番に重さを感じます。
しばらく重さを支えてバランスを取るようにすると、次第に肋骨の緊張をゆるみ始めました。
頸椎周辺の緊張も緩んでくると、不均等だった首の左右の形も、均等になってきました。
十分に首の左右差が無くなって来ると、それと共に目と肩の痛みも回復。

推測にはなりますが、この首の緊張は今回高熱が出るよりも前からあったものかもしれません。
首の緊張の原因は、仕事による慢性的な負荷なのでしょう。
元々あった首の緊張に、高熱による悪影響が重なって悪い方向に活性化したのではないかと思っています。
例えばインフルエンザなどで高熱が出ると、体のあちこちが痛くなります。
とは言っても、全身くまなく痛むわけではありません。
右肩が特に痛むとか、偏りがあるはず。
その痛む部分をよく考えると、昔怪我をした古傷だったり、普段からちょっと無理をすると痛くなりやすい部分だったり、と思い当たる節はありませんか?
いわゆるウィークポイント(弱点)。
筋肉に緊張が出て取れなくなると、そこは大げさに言うと動けなくなります。
動けないと言うのは循環系でいうと代謝が悪い、滞る、溜まると言った環境で、良くありません。
その良くない部分が必ず痛みや不調を出すとは限りません。
体の耐力内で上手くおさまっているか、上手くかばうことが出来れば、症状は強く出ず、潜伏してしまいます。
しかし、発熱したり体が異常に疲労したりすると、炎症物質が血管内をグルグル回って行くうちに、循環が停滞している部分で留まります。
この時初めて、潜伏して隠れていた悪いところが症状を表に出して来ます。
一度活性化すると、そのまま表面化し、放っておくと慢性化してしまうこともあります。
おそらく今回のかたも、このような経緯を辿ったのだと思います。

2021/12/4作成(2021/9更新)