トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

全力で投げられないピッチャーの肩

スポーツをやっていれば怪我はつきものかもしれませんが、それが治りきらず大好きなスポーツ自体を続けるのに支障が出るのはつらい事ですね。ピッチャーの肩今回の話は、高校時代に野球部で投球練習中に肩を怪我した方の話です。

投球練習中に無理をし過ぎたのか方に痛みが出るようになり、次第に痛みは増してきたそうです。当初の激しい痛みはしばらくすると治ったものの、その後は全力投球すると肩が抜けそうな痛みが出るようになりました。病院や治療院にも通ったそうですが、約8年経った今も相変わらず同様の痛みが残っているそうです。日常の生活での不都合はあまり出ていないようです。キャッチボールぐらいだと痛みはあまり出ないようですが、少し距離を開けて遠投すると痛みは出ます。
肩をぐるぐる動かしてもらうと、鎖骨周辺でゴロゴリ音が鳴るのと、肩甲骨が動かしづらい感覚があるようです。

肩関節は、投球時のように大きく動かすと関節が抜けやすい状況になります。肩関節の構造と動きはちょっと複雑で、大きく動かすと「肩が抜けかけてる」と言ってもいい動きをします。メインのか大きな関節は肩甲骨にある球面状の関節です。こっちはイメージ通りだと思いますが、もう一つ大きく動かしたときのみ機能する第二関節が肩甲骨肩峰と鎖骨によって作られていて、大きな関節面から抜けかけた後は小さい関節(第二関節)の方を使います。解剖図を見ると分かるのですが、これじゃあ肩が抜けてしまうだろうと驚くと思いますが、しかし実際には肩が抜けないのは、関節面がずれないように周囲の筋肉が関節の動きを導き、肩甲骨や肋骨、背骨なども連動して肩の動きをサポートしているからです。このサポートなしに肩関節だけ使おうとすると、肩は構造上簡単に壊れます。

彼の問題点も、腕を大きく動かした時に肩甲骨がうまく協調運動(サポート運動)していない点でした。協調を妨げているのは、鎖骨の上下に付着している筋群の過剰な緊張でした。その緊張の根本を探っていくと、頸椎(C3~7)や胸椎(T1~5)に辿り着きました。もちろん肩関節自身にも緊張が出ていました。

数回施術を行い、頸椎、胸椎、肩関節に発生していた外方への緊張力をゆるめ、内方へ向くよう修正出来てくると、投球時の抜けるような痛みは出なくなったそうです。球を受けてくれた捕手のかた曰く、「ケガをする前と同等の球の勢いが出ている」との評価を受けたようで、ご本人もとても喜んでいました。
ただ、練習中外野から全身を使っての全力返球をした時に、ジーンと肩に痛みが数秒走ったようですが、8年のブランクを考えればこの程度は当然だと思います。緊張が緩んで投球時の動きの連動が回復しても、8年痛みをかばった投球フォームは癖になって体(脳)に染みついているはずです。初心に戻ったつもりで一から投球フォームを見直して、慌てずリハビリを続ける気持ちで練習量をコントロールしていくようにアドバイスしました。

(2018年7月加筆修正)2021.02更新