トップ 利用案内 予約状況 メール
施術法 質問回答 四方山話 研究書物
自己紹介 リンク集 ブログ 講習教室

整体よもやま話

夜になると痛む肩

肩の痛みの発生パターンで、日中動かしている時は痛みはまだましなのですが、夜になるとズキズキうずくように痛みが出るというのがあります。肩の夜間痛夜になると出る痛みを「夜間痛」と言い、夜間痛の生じる代表的な疾患に肩関節周囲炎、いわゆる五十肩があげられています。今回の話も肩に夜間痛が出ると言う方の話しなのですが、痛みが出る肩が悪いのではありませんでした。

この方、普段から肩が凝りやすいそうです。見てみると一般レベルのコリはありますが肩を動かせない程の悪さではなく、痛みも今まで出ていません。年配の方なのでそれなりに肩関節の可動域は狭くなっていますが、まあ正常範囲内と言って問題ないでしょう。

肩の夜間痛は約一ヶ月前から続いており、特に夜寝る時にズキズキうずいて、ここしばらく睡眠不足になっているそうです。日中は痛みは軽いそうですが、肩や腕にこわばり感と、急に腕を動かしたときにはジーンと疼く事はあるそうです。ですがそこまで極端に痛みで困るという程ではないようです。夜眠りが浅くなるのは良くないですねえ。寝不足になると回復力が出ないだけでなく、体全体の機能も悪くなるので、早く何とかしなければいけません。
まず肩関節周辺をチェックすると、肩の関節部分が前に出ていく方向の力(緊張力)が働いています。この緊張をゆるめて関節が中へ戻るように誘導しようとしたのですが、施術している間にも肩に疼きが出ます。これは別の場所にもっと強い緊張があって、その影響を受けて肩が疼いていると考えれます。そこで別の原因箇所として首を見る事にしました。
首の付け根(C7)から背中(T1,2)にかけての背骨に、痛む肩の方へ向けて飛び出すような力が働いています。緊張している方向へ引っ張られている状態です。この緊張の方向を探って緩む方向へ合わせると、次第に背骨の脇が緩んできました。3カ所それぞれ同様にして緩めていきます。この施術中は肩への疼きは出ませんでした。一通り緩むと、肩関節に出ていた緊張力も無くなったので、しばらく様子を見てもらうことにしましたが、結局これ以来肩の夜間痛はなくなり、十分に睡眠もとれるようになりました。

痛む場所は肩関節部でしたが、そこに原因があるとは限らず、少し離れた部分からの影響を受けて痛みが出ている例でした。体は各部分がそれぞれ連動しており、また痛みはすこし離れて放散する傾向もあります。なかなか原因を一発で見つけるのは難しいですねえ。

(2018年7月加筆修正) 2021.02更新